ギター佐久間復帰記念対談!バンドを代表して稲葉×佐久間の対談記事を公開!

ギター佐久間復帰記念対談!バンドを代表して稲葉x佐久間の対談記事を公開しました!

テキスト/写真:軽部徹(UK.PROJECT)

多忙ということで、10分しか取材時間をいただけませんでしたが、ヘルシンキの裏フォワード的存在のお二方、ベース稲葉さんとギターの佐久間さんを招いてインタビューを敢行しました。

-----まずギターの佐久間さん、今年5月にバンドを離脱してからの半年、どんなことをされてたのですか?

佐久間:インスタグラムとか見てもらえれば、だいたい僕がなにをやっていたかわかると思います。

-----ああ、なるほど。多くは語らず、検索をかけて自分で調べろ。ということですね。

佐久間:そうですね。vaviro_skで検索してもらえればと。

佐久間 インスタグラム

https://www.instagram.com/vaviro_sk/

稲葉:すごいですね、佐久間くん。いない間に態度がでかくなってますね笑

-----逞しくなりましたね佐久間さん。そんな佐久間さんを稲葉さんはどう思われますか?

稲葉:うーん。やっぱ納得いかないですね。メンバー全員納得してないと思います。僕に限らずですけどね笑

佐久間:メンバーが納得してないのは仕方ありません。全部僕が悪いんで。インスタがすべてを語ってますし・・・。

-----バンドがレコーディングしている忙しい時期に、佐久間さんはウィンドウショッピングをしながら、おいしいピッツァの画像をインスタで更新されてましたもんね。

佐久間:はい、エフェクターと同じぐらい、ピッツァにはこだわりがあるもので、なんかすみません。

-----そんな佐久間さんですが、バンドを離れている間、どんな心境でした?

佐久間:バンドメンバーがめちゃくちゃ楽しそうに見えました。大きいステージでライブをしたり、悔しいというか、悲しいというか・・・。

稲葉:悔しいっていいながら、顔が笑ってるし・・・。

佐久間:僕、あまりにも悔しいと笑ってしまうんですよね・・・。

稲葉:へぇー。

佐久間:ちょっと待ってください、なんか変な方向にいきそうなんですけど。

稲葉:へぇー。

佐久間:悔しかったなー・・・。うーん。

稲葉:沈黙

-----佐久間さんが悔しかったお気持ちは伝わりましたが、メンバーそれぞれに対してどんなお気持ちでしたか?

佐久間:まず、リーダーの薫(Vo/Gt)さんは、なんだかんだ優しい方です。普通だったらクビになってもおかしくない状況だったのに、僕を受け入れてくださって。

稲葉:薫さんは優しいですよ、ほんとに。

佐久間:そして、アベ(Dr)さんは・・・。(3分の沈黙)

-----取材の時間が・・・。佐久間さんの表情からアベさんに対する想いは伝わりました。言葉では表せないくらい感謝しているということですね?ではベースの稲葉さんに対しては?

佐久間:はい。アベさんにはとても感謝してます。稲葉は・・・。すごく怖いですね、彼は。

稲葉:なんか、佐久間くん、僕のこといつも怖がってますよね。前にべつのひとからも、佐久間くんが僕のことを怖がっているという話を聞いたことがありますし。

佐久間:稲葉くんは、みんなで会話をしているときに、ふっと手のひらをくるっと返す瞬間があるんですよ。そこが怖いです。

稲葉:えっ、なんで僕のダメ出しみたくなってきてるんですか笑

佐久間:でも、稲葉くんは僕がバンドを離れていたときに、一番ラインとかで連絡をくれてました。

-----怖いけど、実は稲葉さんも優しい。ということですね。

佐久間:はい、そうですね。みんな優しいです。優しい人に囲まれて、僕は本当に幸せです。

-----そんな佐久間さんに対して、稲葉さん、なにか言葉をかけるとしたら?

稲葉:うーーーん。とりあえず、みんな佐久間くんに怒ってるんですよ・・・。

佐久間:はい。

稲葉:僕らこの数か月で、ものすごく頑張っていて、意識的にもバンドとしても、成長した自信があって、佐久間くんはこのブランクで成長しているのか、すごく心配で・・・。

佐久間:稲葉に言われると、すごく考えさせられますね・・・。

稲葉:僕らをよい意味で裏切るような感じで、佐久間くんには期待しているんですけどね。大丈夫かな?

-----あっ、もう残り2分しかないです。では、稲葉さん、バンドを代表して今作「ME to ME」のセールスポイントを!

稲葉:では、薫さんとは異なる視点で、僕なりの言葉でお答えしてみます。セールスポイントですよね。CDを買いたくなるような・・・。

-----稲葉さん、着眼点がいつも独特ですからね。

稲葉:・・・。ジャケットですかね!?ジャケットがすごくオシャレです!!!

-----はい、オシャレですよね。ジャケットはすごくオシャレです。

稲葉:あれ、これで購買欲、高まりますかね?

佐久間:高まります!

-----あっ、もう残り1分です。では、最後に11月からツアーが始まっていくと思うのですが、お客さんに向けて、お二人からそれぞれメッセージをお願いします。

稲葉:そうですね、佐久間くんが戻ってきてどうなるか分からないですけど、きっと僕ら以上にすごい気持ちで臨んできてくれると思うので、よいライブができると信じています。

佐久間:僕のことを前から知ってくれている方も、そうじゃなく、僕のことを知らない方もたくさん来てくれると思うので、佐久間がいないほうが良かったね。とか言われると、僕の戻ってきた意味がなくなってしまうので、そうならないように頑張ります!

稲葉:新しく変貌した俺を見ろ!ってことですよね。ヘルシンキの底上げは俺に任せとけ!ということか。

佐久間:はい、期待してください!

稲葉:楽しみだなー笑

Copyright © Helsinki Lambda Club / Hamsterdam Records  Allrights Reserved.